072-982-6226

日・祝休。水・土曜午後:二組限定気功三鍼法

072-982-6226

施術時間 8:00〜20:00

予約はお電話
にて受付

キレイに踊るために、O脚を直したい

キレイに踊るために、O脚を直したい



こんばんわ!

本日の施術報告は、中学2年生の某有名私立校ダンス部で、部活に没頭している女の子のO脚矯正のケーズです。


【Tさん 14歳 中学2年生ダンス部 O脚を直してキレイにダンスを踊りたい】

女の子のお母さまが、当院に以前からご来院されていたご縁で来院されました。

所属しているダンス部は、全国大会常連の有名校で部員数も多く、中学生でありながら非常に高いパフォーマンスを求められる環境でした。

そのために、以前からお母さまは女の子のO脚が気になっていたそうで、これが直るのであれば是非施術したいとのことでした。

O脚矯正は施術を定期的に継続することと同時に、お伝えするセルフストレッチ日常生活でしっかり行っていただけるか?、が結果を左右する重要な要因となってきます。

しかしこの女の子自身はダンスをがとても好きで向上心が強かったので、ダンスがきれいに踊れるようになるなら頑張る!という強い意志を感じましたので、きっといい結果が期待できると思い施術をスタートしました。


〈検査〉

O脚には大きく分けて、キッチリ改善が見込めるタイプと、残念ながらほとんど改善が見込めないタイプの2種類があります。

これを簡単な検査で鑑別してところ、この女の子の場合には、ちゃんと直るタイプと分かりました。

また、日常生活の習慣による骨盤のズレと、少し体幹の深部筋(インナーマッスルともいわれています)が弱くなっていました。

それに伴う、猫背もみとめられました。
この徴候は、一見O脚と関係なさそうに思われがちですが、このような全身的なバランスの乱れが実は根本的な原因になっているモノなのです。


〈施術〉
1回~3回目

まずは、脊柱の歪みの元になっている「骨のズレ」を調整していきました。
これによって、血管や筋肉をコントロールしている末梢神経の働きが活性化されていきます。
そうすると、血行が促されやすくなり筋肉の疲労も回復しやすくなります。

脊柱の「骨のズレ」が解消し、それによって体のバランスが整い関節・筋肉が柔軟性を取り戻したところで、自宅や学校で行っていただけるセルフストレッチをお伝えしました。

初め彼女は疲労の自覚があまりなかったのですが、施術を進めていくことで体が軽くなるとともに、今までの体の重さに気付くようになられました。

4回~6回目

O脚の矯正は順調に改善傾向を示し、施術開始当初は左右の膝の間隔はが約3㎝でしたが、この頃には1㎝未満にまで近づいてきました。

引き続き姿勢の調整を進めながら、骨盤底筋のトレーニングをお伝えしていきました。

さらに、毎日の部活と勉強のために寝不足気味でしたので、脳の疲労を緩和させる「三鍼法」を施しました。

7回~8回目

この段階では、ようやく左右の膝が閉じるようになりました。

これを維持していくために、引き続いてセルフストレッチと骨盤底筋トレーニングを継続するように指導して、O脚の矯正は一旦完了としました。


〈コメント〉
このケースでは部活の練習に加えて、進学校でもあるために勉強にも時間を割かねばいけなく、通学にも片道1時間半かかる環境でした。

ですので、10代であるにもかかわらずストレスが脳の疲労として蓄積されている兆候が脈拍からみてとれました。

そこで、「三鍼法」によって脳の血行を促すことで疲労を回復させるようにすることで、集中力が高まりパフォーマンスがさらに発揮できるようになりました。

女の子とお母さまは喜んでおられ、その後しばらく月に1度メンテナンスとして通院されておりました。

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

CAPTCHA