072-982-6226

日・祝休。水・土曜午後:二組限定気功三鍼法

072-982-6226

施術時間 8:00〜20:00

予約はお電話
にて受付

右膝に水が溜まって激痛、歩けなかった

右膝に水が溜まって激痛、歩けなかった




こんばんわ!

今回の臨床報告は、原付バイクのスタンドを立てようした際に、ひざをひねり激痛が発症したとのことでした。

その後、病院を受診して水を抜いてもらったそうです。

その時は少し楽になるけれど、またスグに痛みが戻り、水も再び溜まってしまう…ということを、繰り返してしまうとのことでした。


【Hさん 女性 40代 ヘルパー病院勤務】

当院の患者さまからのご紹介で、来院されました。

勤務している病院の整形外科で、ひざの水を抜きヒアルロン酸の注射をしてもらい、湿布と鎮痛剤を処方されていたそうです。

数カ月間、様子をみていたけれど改善しないために、仕事や生活に支障があり辛かったとのことでした。

安心して仕事ができるまで改善したいと、強く希望されていましたので根本的に改善するため、施術することを決意されました。


〈検査〉

腰~骨盤、首~肩に著明な「骨のズレ」がみとめられました。

部位が離れているために、あまり関連がなさそうに思いがちですが、実はこれらの姿勢の歪みがひざに無理をかけていることが多いのです。
ですので、痛みのあるひざのみを施術していても、一時的な改善しか期待できません。

すでに発症してから数カ月経っていましたから勿論ひざ周囲にも問題は生じていますが、長年の臨床経験から負傷原因が外傷であったとしても、全身的なバランスを改善させれば大して心配することはありません。


〈施術〉

1回~2回目

まずは、背骨の姿勢の歪みの原因である「骨のズレ」を主に調整していきました。

続いて、股関節・ひざ関節・足首を調整していきます。
また、発症していない反対のひざも忘れず施術していきました。

施術のたびに、痛みは減少していき、それと同時に腫れも改善していき水も溜まらなくなってきました。

施術後は、調整した「骨のズレ」が再び戻らないようにするため、自宅でできるセルフストレッチと日常生活での過ごし方の注意点をお伝えして、実行して頂くよう指導させていただきました。


3回目~5回目

ご来院されるたびに、症状は軽快して仕事や日常生活では、ほぼ症状を感じなくなりました。

これも患者さまが、お伝えしご提案させていただいた施術計画とおりに、定期的な通院とセルフストレッチなどの自己管理をしっかり実践していただけたお陰です。

この頃には、夜勤の仕事などで体が疲れても症状の再発はみなくなりましたし、一晩ゆっくり休めば明朝には前日の疲労が回復してスッキリ起床できるようになられていました。

痛みによる不安も無くなり、バリバリ仕事や用事をこなすことができるようになった!と、患者さまも自信を取り戻されました。


〈コメント〉

医療の誤った常識がときどき見受けられますが、ひざの痛みについてもいくつか、このような事案があります。

1、レントゲンなどの画像診断で、ひざ関節の変形があったとしても、それがひざの痛みの原因になっていることはとても少ない
➡多くの場合、痛みのない方のひざ関節にも同じような変形がみられるが、痛みはでていないという事実。

2、筋力が低下しているために、筋力アップトレーニングをしないといけない
➡筋力が低下しているよりも、筋肉が正常に働けない疲労がたまった状態が常態化している。そのためにトレーニングをしても効率が悪く、悪くすると反対に症状が悪化してしまうこともある。

3、ひざが痛くなるのは、年のせいだから仕方がない
➡関節のズレが解消されれば、変形が進行しなくなる。筋肉が正常に機能していることが重要であり、筋肉は正しく鍛えれば年の問題はあまり重要でなくなってくる。

このことについて詳しくは、またあらためてお伝えさせていただきたいと思います。

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

CAPTCHA