腰痛、こむら返り、ひざ痛、全身多数の痛み「50代から痛かった腰が楽になって、若返ったと言われる」

患者さま

Y.H様(女性/96歳)東大阪市瓢箪山在住

職業:専業主婦

症状:腰痛、毎朝就寝時にこむら返りが起こる、両ひざ痛、肩〜背部痛、手の親指が痛む、右のスネ〜足首に痛み、肩こり、首にも時々痛みが発症する

ご来院時の症状

この患者様が初回の調整を受けられたのは、2年くらい前になります。
当初は強い腰痛のために腰を伸ばせずに、ずいぶんと前かがみになった体勢で歩いておられました。

50代の頃から数十年にわたる腰痛と、それによる体の緊張や不自然な体勢を続けざるを得ない状態のために、下半身では膝や足首周辺に上半身では首や背中・手の指や肘などにも不定期的に運動痛やコリ感などが発症しているとのことでした。

ただ、ご高齢の割には身体が柔らかい方でしたし、痛いながらも日常生活ではしっかり自立されておりましたので、筋力は比較的温存されていました。

そもそも腰痛発症当初の経緯は、50歳を超えた頃に左脚への強い痺れと腰の痛みが急に発症したらしく、とりあえず病院で見てもらったところ「骨が神経を圧迫している」と診断されたそうでした。

そして、病院で勧められて神経を圧迫している部分の腰椎を削る手術を受けたとのでした。
術後半年くらいはウソみたいに症状が無くなっていたのですが、半年過ぎた頃から再び徐々に症状が再発してきたらしく、それからはあらゆる所で治療施術を受けられたそうですが結果は思わしくなかったのでした。
それでもこの患者様の素晴らしいのは、今だに自分の症状をなおしたい!という思いを持ち続けておられ、諦めていないことです!

通常、当院で骨のズレを調整する際には、持ってきて頂ければそれに越したことはありませんが、必ずしもレントゲンやMRI写真を必要とはしません。
しかしながらこの患者様の場合は腰椎の一部を大きく削られているとの事でしたので、一応現状の確認のために当院と提携していただいている病院を紹介して、腰椎の画像を撮ってきて頂きました。

そうすると、腰椎の4番目の骨の左側を削った為に削られたところの強度が弱くなり、その部分の骨が潰れて変形していました。
これでは、辛いのも当たり前でしょう…

ご来院時の症状をまとめますと、次の通りです

・腰痛

・毎日、就寝中にこむら返りが起こる(両側)

・両膝の運動痛

・右のスネ前側の筋肉と足首周辺が歩くと痛い

・両手の拇指付け根の関節(CM関節)周囲に機能時痛

・時々、肩コリや首の痛み、または頭痛など発症する

・その他、不定期的で一過性の疼痛を関節や筋肉に発症する

検査

痛みのために腰をかがめて生活しているので、骨盤〜腰椎が屈曲変位していますし、手術跡の腰椎4番の椎体が潰れている為に身体が傾いています。
(ただ、この患者さまの場合には椎体の左側が潰れているので身体も左へ傾きそうなところですが、痛みを避ける為か身体は右に大きく傾いていました。)

このようなケースでは、骨の潰れている部分は元に戻る事はありませんが、その周囲の関節に十分な可動性が戻れば症状は消失してしまうでしょう。
ですので、この患者さまの場合も身体の傾きは戻りませんが、30年以上続いている腰痛は調整を徐々に続けていくことによって、骨盤や背骨の関節の可動性が取り戻された時に完全に解消されるものと確信出来ました。

骨盤の骨のズレや腰椎のズレが改善されると、その骨の間から出ている脚へ走る神経の流れが良くなるので、脚の血行が良くなって筋肉の疲労が回復しやすくなり緊張が改善します。
そのようになった時には、こむら返りは起こらなくなります。

膝のお皿の関節の動きが悪いのは、太ももの前側にある大腿四頭筋という大きい筋肉が緊張して十分に働きにくくなっており、痛みが出ています。
その大腿四頭筋は腰椎とその周囲の骨の間からの神経の流れが悪くなっっているために、充分な働きが出来なくなっていますから、骨の並びを整えてあげれば膝の症状も消失します。

足首周辺にも筋肉の過緊張状態が認められ、足首の関節の可動性が極端に減少していました。
この痛みの症状の場合も同様に、骨盤から出てくる神経の流れが改善すれば、過緊張状態は改善して痛みも消失してくれることでしょう。

また、下半身の大きな右への傾きや屈曲変位によって、上半身の首や背中にも大きなズレがみとめられました。
やはりこれらの骨のズレが、その骨の間から出てくる神経の流れを阻害して、腕や手。背中にも様々な症状を発症させているのでした。

経過

1回目:セオリーどおりに施術を進めていく場合はドンドン調整をしていくほど体調は改善するところでありますが、ご高齢である際には身体への負担がかからないように、あえて少しずつ調整していきます。

骨盤の仙腸関節のズレをまずは整えてから、背中→首へと調整を進めていきます。
そうすると神経の流れが改善される為に、その神経が支配している血管や筋肉の働きが活性化され血行も改善し身体の緊張が緩んできます。
そうしたら緊張が取れ始めてきていますので、このタイミングで緩和操作を施して更に緊張を緩和するようにしていきます。

ここまででも充分な改善が見込めますが、前述しましたようにこの患者さまはご高齢である為に調整を少しずつ進めていかなければいけませんが、1回あたりの施術で少しずつしか調整出来ないので、その分効果も落ちてしまいます。

それを補うために、気功三鍼法で全身に気を流していきます。
古代から東洋医学では「氣が滞ると、血が滞る」と言われていますので、気の流れが良くなることで血行が改善されて、身体の痛みはもとより脳の働きなども活性化されて症状の早期の改善につながります。
(当院では、気功三鍼法をご希望の患者さまにのみ施しております。詳細はトップページをご覧下さいませ。)

2回目:前回施術後から、コムラ返りはおさまっているとのことでした。
疼痛も幾分かはマシになっていますが、慎重に調整など施して行かなければ身体の負担が大きくなりますから、現時点では上々の出だしと言って良いと思います。

今回も施術の段取りは、前回同様に行いました。
骨盤から、背中・首へと調整して、その後に緩和操作と気功三鍼法を施して更に血行を促して、身体の柔軟性を取り戻せるようにします!

3回目:コムラ返りは、もう全然起こらないようです。
また膝の痛みも徐々に軽減しているようで、初回時は寝返りを打つ際にでも膝を痛そうに庇っていたのが、もう何のためらいもなく動かしてられました。
腰痛も徐々に改善してきていますし、首の症状も最近は忘れていることが増えているとのことでした。

いつものように施術は、骨盤→背中→首→緩和操作→気功三鍼法という流れで施しました。

院長コメント

現在、この患者さまは腰痛をはじめとする初回ご来院時に訴えられていた症状は一応すべて消失しております(*^_^*)

通常より疲れたことがあると一時的に比較的軽めの症状を発症することはありますが、そんな場合でも一晩ゆっくり休めば翌朝には疲れがとれてスッキリした状態になる…といった具合になってきてます。

世の中の常識で言われるところの「歳のせい」ってのはホントに当てにならないモノであり、本当はかなりの歳をとっていたとしても多くの方々の症状が根本的に改善すると云う可能性が思っているよりもずっとずっと高くあり、まだまだ健康になれると言うことなのです(^^)/

Follow me!

【金森整体院の詳しいご案内】ダウンロード

当院の詳しいご案内冊子をこちらからダウンロードしていただけます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA