◎頑固な顔面麻痺が日々改善してきた!!

◎病院ではもう正坐は出来ないと言われてあきらめていたが、正坐が出来るようになってきた!!

こちらの院長さんは、私がかつて通いたくても通えなかった埼玉県は林義貢先生の直弟子ということでありま

したので、念願の『気功三鍼法』の治療を受けることが出来ました。

 

始めの頃から数えれば、もう10数年以上経ってしまった左顔面の麻痺の後遺症は、こちらへ伺った当初はすっかり頑固な状態になっていました。

それでも、継続して治療して頂くことで停滞していた症状は、再び改善してきたのでした。

現在は、どうしても動かなかった眉も動き始め、口元も空気が漏れてしまって上手く発音できなかったラ行の音も出しやすくなってきました。

またこれとは別に、以前に右膝関節を悪くして病院で診察してもらった際に「軟骨が減って、関節が変形しているから、もう正坐は出来ない。」と言われて、自分でも「もう歳だから仕方がない」と、あきらめていたのですが、こちらの院長先生は初診の時に「変形していても、大丈夫!!」、「正坐も、出来るようになりますよ」とおっしゃって下さいました。

それからは、『気功三鍼法』と『スズキトリートメント』を同時に受けています。

おかげであれだけ曲がらなかった右膝が、最近では短時間なら正坐出来るようになるまで、回復しました。

院長先生が言うには、「骨のズレを調整するだけでも効果は高いが、ズレを取り除いてから気を流すと相乗効果で、通常の数倍の効果があるのです。」とのことでした。

私は、これらの治療に「大きな期待」と「絶対的な信頼」をよせるようになっています。

『気功三鍼法』は、あまたある治療法の中でも究極の治療法だと思います。

これからも頑張って通院いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

東大阪市在住 70代 I.Aさん