上肢(肩〜腕〜手)や下肢(股関節〜太もも〜ふくらはぎ〜足先が冷え)の症状の根本原因は首や腰にあることが多いのことは、よく知られるようになってきました。
具体的には…、例えば上肢の場合には、首の骨のズレがあると首の骨の間から出てくる神経の流れが滞り、その神経が司っている血管や筋肉の働きが低下するので、上肢の筋肉の疲労が溜まり過緊張状態になると腱鞘炎、バネ指、テニス肘、野球肘、野球肩、五十肩などの症状を起こします。
これらのことは、下肢でも同様です。

つまり、根本の原因である首や骨盤の骨のズレを調整してから上肢下肢の施術をしていけば、確実に状態は改善していきます。
逆に調整せずに上下肢の施術を幾らしてみても、その場は少し楽になるだけでスグに症状は、ぶり返してしまいます。