骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷、肉離れ、スジ違いなどの、いわゆる怪我は負傷直後には安静固定が原則ですが、回復力を高めるために神経の流れや血液循環を促すことを目的とした骨格の調整は有効な手段と成り得ます。
ここにその症例を、一部ご紹介いたします。